Baidu IME_2012-9-5_22-23-44
1:フッ化水素酸φ ★:2012/09/05(水) 11:01:19.27 ID:???

 音符と歌詞をコンピューター入力して歌声に変換できる、ヤマハ開発のボーカロイド
(音声合成技術)を利用した人気ソフト「初音(はつね)ミク」の発売から、8月末で5年が過ぎた。
ネット上では初音ミクを中心にボーカロイドソフトで自作曲を発表する文化が定着。さらに
“ボカロ人気”は海外にも広がっている。

 初音ミクは平成19年8月、音楽・ITベンチャーのクリプトン・フューチャー・メディア
(札幌市)が発売。イメージキャラクターの初音ミクは「バーチャルアイドル」として
位置づけられている。

 同じ年にサービスを本格スタートさせた動画投稿サイト「ニコニコ動画」では、利用者が自作曲を
ミクに歌わせて投稿するブームが起き、作曲者は「ボカロP(プロデューサー)」と呼ばれ、
一部はレコードデビューまで果たした。

 動画サイト出身ミュージシャンのマネジメントを手がける音楽事務所、インクストゥエンター
(東京都渋谷区)の田村優社長は「ボカロ人気が拡大した根本の部分は曲が良かったところ」と話し、
ボーカロイドが人材の開拓に一役買ったことを説明する。

 ボカロPは海外にも根強いファンを持ち、動画サイト出身ユニット「supercell
(スーパーセル)」は8月、初音ミクを使用した平成21年のデビューアルバム
「supercell」の中国版を発売。楽曲は同じものだが、ネットで予約が殺到し
「違法コピーが蔓延(まんえん)している中国では異例の展開」(田村氏)という。

 ボーカロイドのキャラクター映像と連動させたライブも盛況で、8月末には初音ミクの
5周年記念イベントが各地で開催された。田村氏は「『初音ミク』はネットの2次創作で認知が
広がるという段階を終え、今後は日本発のキャラクターとして根付いていくのではないか」と語る。

 ボーカロイドのソフトが多様化する中、情報サービスのビープラッツ(東京都千代田区)は7月、
初の中国語専用ボーカロイド「洛天依(ルオティエンイ)」を発売。中国の人気動画投稿サイト
「ビリビリ動画」では、発売から1カ月で1300件以上の作品投稿があった。

 同社の広報担当者は「初音ミクは中国でも人気だったが、『中国語版ボーカロイド』を求める声も
多くなってきた。日本と同じような広がりを見せてくれれば」と話している。(織田淳嗣)
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120904/ent12090408100003-n1.htm


続きを読む