Baidu IME_2012-9-4_20-43-17
1:しいたけφ ★:2012/09/04(火) 12:40:15.22 ID:???

サークル華ディスコの夏コミ新刊・脱衣麻雀同人誌『脱衣麻雀に花束を』が29日に入荷した。
サークルさんの新刊情報によると『私物のインスト・チラシ・基板を大量にスキャンした上に、
電池切れでブッ壊れた基板も修理してもらって撮影』とのことで、
えふしひ゛さん感想は『作者さんの脱衣麻雀に対する愛情の深さに感動を覚える』とのこと。

『脱衣麻雀』とは、wikipediaによると『コンピュータと麻雀で対戦した結果に応じて、
主に女性のヌード画像が表示されるように設定されたものを指す』、『最初の脱衣麻雀ゲームは、
1983年に日本物産が発売した業務用の「雀豪ナイト」』、『1987年に、セタから業務用の
「スーパーリアル麻雀PII」が発売。 アニメーターの手による本格的なアニメーションが初めて
採用され、プロの声優による音声も付加された。1988年には、カプコンより業務用
「麻雀学園・卒業編」がユウガ名義で発売される』とかになっていて、その後、ゲームセンターの規制もあって衰退したっぽい。

なお、同人誌『脱衣麻雀に花束を』のあとがきでサークル華ディスコのみぐぞう氏は
『今の若い人たちにとっては存在そのものも知られなくなってしまった「脱衣麻雀」という
ジャンルですが、ぼくと同じ時代に生きて、同じ体験をしたゲーム仲間の郷愁を誘ったり、
若い人たちには「へえ、こんなゲームがあったんだなー」と想いを馳せる手助けになれば、
それが何よりの喜びです。新しい文化が生まれていく中で、そのまま人の記憶から消えていく文化があるのは自然の摂理とは言え、
その文化が栄えた証を残すという想いのもとに拙い文章力で綴った本ですが、
読んだ後に「面白かったな」と思って頂ければ、苦労した甲斐があったというものなのですが』と書かれている。

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51357340.html

102



続きを読む